はんこを押す時には、捺印はむやみに押さないようにした方がいいのです

はんこを押す時には捺印というものがありますが、捺印は契約書などの文章の内容に訂正が出た場合に、前もって訂正印になるはんこを欄外に押しておくという意味なのです。これによって後日訂正が必要な時には相手にはんこをもらいに行かなくても良くなります。このように捺印は契約書を受け取る方にしては手間が省けるので都合がいいのですが、契約書を渡す方にしてみれば、訂正があるか分からない段階で捺印を押すことはとても不安なことになるので、捺印を押すことはできるだけやめた方がいいのです。銀行の契約では捺印を押して欲しいと言われることがありますが、銀行は信用で成り立っているのでまだしも、それ以外の場合はむやみに捺印を押すことはやめるようにした方がいいのです。はんこを使用する時には十分に注意して捺印するようにして下さい。


none